皆様、こんにちは!
今回は、弊社のグループ会社 沖縄県にありますホクセイトレーディングASIA株式会社の取り組みを紹介します。

沖縄県は、冬の1月でも平均気温は17℃と本州に比べると暖かいです。日本で一番早く桜が咲く地域です。
話がそれますが、富山県の県の花であるチューリップ。
沖縄では花を開かせるのにひと手間が必要です。
チューリップは寒暖差を感じなければ芽をださない植物です。
年間温暖な気候の沖縄では、球根を冷蔵庫で冷やした後、外に出してあげると春が来た!と錯覚して芽がでるそうです。

ホクセイトレーディングASIAでは、食品工場の内部に使用される断熱パネルの施工も請け負っております。
昨年は植物工場内部で使用されるパネルを供給させて頂きました。

沖縄県には、有人島である離島が37島あり(2018年1月現在)、島へは船で生鮮野菜が運ばれます。
天候などにより船が行き来できないと、供給が止まってしまうことが課題になっています。
安定的に供給することができる植物工場の価値が徐々に高まっているのではないかと感じます。

まだ実績は多くは御座いませんが、少しずつご評価を頂いております。
また私たちの活動拠点を生かし、お客様の販路開拓も合わせてご提案させて頂いておりますので、施工そして販路開拓両方でお役に立てます様務めて参ります。
建設分野はこれまでに挑戦したことのない分野でしたが、沖縄県に住む方の生活が少しでも快適になるように、今後も挑戦して参ります!